サン・ファン・ワーム(ハックル付)

San Juan Worm (#8 Berbless) 
全長およそ5cm。
ボディハックル付。

このフライの由来について正確な知識を持ってはいないのですが、名前から察するに米国・ニューメキシコのサン・ファン・リバー(サンワンリバー)辺りのガイドが考案したのではないでしょうか。

品がないとかツマラナイとか色々言われますが(苦笑)、ビッグレインボーやスチールヘッドの口元にぶら下がるファンキーなミミズの写真を見ることも少なくありません(笑)。
このワームが果たして魚にとって何に見えるのかは分かりませんが、ルアーフィッシングをやる方でしたら、アクションも何も無いただのまっすぐな細い棒が時として抜群の釣果を発揮することをご存知だと思います。
食欲なのか、それとも別の何かの衝動なのか、なんとも頼りない細長い棒状も物体は、時に魚の好奇心を捕らえて離さなくなるのかもしれません。

このファンキーでポップなミミズフライも、それはトラウトを狙うときの印象であって、一転バス用フライと考えると、なんとも地味に見えるから不思議です。
アクションも何も無いのですが、バスも(もちろんブルーギルも、笑)良く釣れます!
また中南米のシャローフラットでボーンフィッシュを狙う時に使う人も多いようです。

そのまま使うとゆっくりと沈みます。フロータントを使ってしっかり浮かせることも、或いはスプリットショットなどを用いて積極的に沈めることも可能です。
一般的には、流れの中でトラウトを狙うときには沈め、湖でバス(ブルーギル)を釣るときには浮かせるか、そのままスローシンク状態で使うのが効果的です。

カラーは6色あります。
写真上段左より、
①ブラック、②ホワイト、③ピンク
下段左より、
④チャートリュース、⑤オリーブ、⑥ブラウン

150円

注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索